短編映画 - vol.1:Movie:Wim Wenders Unoffiial Fansite

Wim Wenders Unofficial Fansite
Movie

home

Guide
Movie Biography

Books

MusicBBS
Short Film

短編映画 - vol.1

シャウプレッツェ
Schauplatze

1967年 10分 16mm モノクロ 西独

製作、監督
脚本、撮影
編集
ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
音楽 使用曲:ローリング・ストーンズ

■ 感想

フイルムが現存しない。2カットのみ"Same the player shoots again"冒頭に残っている。


特別上映のみ

セイム・プレイヤー・シューツ・アゲイン
Same Player Shoots Again

1968年 12分 16mm モノクロ(フィルター着色) 西独

製作、監督
脚本、撮影
編集
ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
音楽使用曲:Mood Music
出演ハンス・ツィッシュラー<Hans Zischler>

1982.11 池袋西部スタジオ200 ドイツ実験映画祭にて

シルヴァー・シティー
Silver City

1968年 25分 16mm カラー 西独

製作、監督
脚本、撮影
編集
ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
音楽使用曲:Mood Music

特別上映のみ

警察映画
Polizeifilm

1968年 12分 16mm モノクロ 西独

製作バイエルン放送局
監督、撮影ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
脚本アルブレヒト・ゲッシェル<Albrecht G_schel>
出演ジミー・フォーグラー<Jimmy Vogler>/カジミール・エッサー<Kasimir Esser>

特別上映のみ

アラバマ:2000光年
Alabama:2000 Light Years

1969年 22分 35mm モノクロ 西独

製作、監督
脚本
ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
撮影ロビー・ミュラー<Robby Müller>
編集ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
音楽使用曲:ローリング・ストーンズ/ジョン・コルトレーン/ジミ・ヘンドリックス/ボブ・ディラン
出演パウル・リス<Paul Lys>/ペーター・カイザー<Peter Kaiser>/ヴェルナー・シュレーター<Werner Schroter>/シュラート<Schrat>/ムリエル・ヴェルナー<Muriel Werner>/キング・アンポー<King Ampaw>/クリスティアン・フリーデル<Christian Friedel>

■ 内容

窓辺におかれたカセット・レコーダーのショットで始まる。若い男がジュークボックスのおいてある居酒屋に入っていく。新しく入って来た男からリボルバーを渡される。「何をやるかわかっているだろう?」
車の後部座席からの映像に切り替わる。ある家の前に車が止まり、男が降りて入口に姿を消してしばらく後、戻ってくる。肩を押さえているようだ。何度か前に倒れかかる。居酒屋に戻ってみると、みんな死体になっている。男も車で逃げる。そして真っ暗になるまで来るまで走り続ける(男が気を失って死んだのだろう)。

■ 感想

1984年の東京ドイツ文化センターでのヴェンダース特集で見た。見ている最中にどんどん人が席を立って行ったのを覚えている。22分のうち、まず前半でも車の後部座席からの映像が延々続いている。そこでまず何人か挫折。車が止まって移動があるが、後半半分がまた車の中からの映像。ここで半数以上が挫折。
車の中からの映像に音楽がのっているという映画で、私は当時流行し始めたミュージック・ビデオとして見た。タイトルからしてRolling Stonesの曲名である。Jimi HendrixとBob Dylanそれぞれの“All along the Watchtower”やJohn Coltraneのペットの響きが印象的だった。


1984 東京ドイツ文化センター ヴィム・ヴェンダース特集

3枚のアメリカのLP
3 Amerikanische Lp's

1969年 15分 16mm カラー 西独

製作ヘッセン放送局
監督ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
脚本ペーター・ハントケ<Peter Handke>
撮影、編集 ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>
音楽 使用曲:ヴァン・モリソン/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル/ハーヴェイ・マンデル
出演 ペーター・ハントケ<Peter Handke>/ヴィム・ヴェンダース<Wim Wenders>

■ 感想

ヴァン・モリソン「アストラル・ウィーク」、CCR(クリーデンス・クリヤウォーター・リバイバル)「グリーン・リヴァー」、ハーヴェイ・マンデル「クリスト・レデンダー」から1曲ずつピックアップされている。ペーター・ハントケと二人で音楽について語り合う。この後長く続く三つ年上のペーター・ハントケとの初の共同作業である。


特別上映のみ
Movie Top